ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 三隅中学校立志式

三隅中学校立志式

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2010年2月8日更新
誓いの言葉を述べる2年生たち

誓いの言葉を述べる2年生たち
誓いの言葉を述べる2年生たち
誓いの言葉を述べる2年生たち
2年生全員による合唱
お礼の言葉を述べる2年生代表
 2月6日(土)、三隅中学校で立志式が行われました。この立志式は、古くから伝わる「元服」にちなんで、14歳を迎える年に志を立て、大人への心構えをするために毎年行われている三隅中学校の伝統行事で、今年で39回目を迎えました。この日は、保護者や先生が見守る中、48人の2年生が順番にステージに上り、「自分らしく前向きに生きる」、「何事もあきらめない」などそれぞれの誓いの言葉を力強く述べました。 その後、2年生全員で「この地球のどこかで」という曲を合唱しました。そして、和田克博校長が、「今日の誓いの言葉を人生のいしずえとし、自信と誇りを持って、地域社会に貢献できる人になってほしい」と励ましました。次に1、3年生を代表して松本悠一君が、「今日のろうそくの炎を忘れず、これからの長い人生を誓いの言葉とともに歩んでください」とお祝いを述べました。これに対し、2年生を代表して中野伸彦君が、「みなさんの励ましのことばを道しるべにするとともに、今日の感動を大切にし目標に近づいていきたい」とお礼を述べました。最後に全員で校歌を合唱して立志式を締めくくりました。