ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 大日比地区どんど焼き

大日比地区どんど焼き

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2010年1月18日更新
点火されると、炎は音をたてて勢いよく燃え上がった

点火されると、炎は音をたてて勢いよく燃え上がった
寅年の男女によって点火された
山側に向かってやぐらが倒れる瞬間
やぐら周辺はとても暖かかった
 1月17日(日)、大日比地区の無病息災を祈るどんど焼きが、大日比公会堂周辺で行われました。 これは、竹やシダを組み、正月飾りや書き初めなどを詰め込んで作られた高さ約8mのやぐらに火をつけ、やぐらの倒れた方角で今年の豊漁、豊作を占うというもので、この風習が100年以上も続いています。 約100人の住民が見守る中、午前8時に火がつけられるとやぐらは勢いよく燃え上がり、約5分ほどで倒れました。火の周囲では手をかざして暖をとる人や、竹の先にフランスパンをつけて焼く人の姿も見られました。参加者の一人、西本ヒサエさんは、「今年はやぐらが山側に倒れたので、農作物がよく取れる年になります。家にも畑があるから頑張って作ります」と話されました。