ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > ギネス世界記録に認定!

ギネス世界記録に認定!

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2010年1月8日更新
小川認定員から、河田会長へ認定証が贈られました

小川認定員から、河田会長へ認定証が贈られました
近くで見ると、一人ひとりの表情がよく分かります
新記録達成に万歳!
 1月8日(金)、先日ルネッサながとのアリーナで完成した、顔写真による巨大モザイク画、プロジェクトmのギネス世界記録認定式が行われました。今回挑戦した記録は「largest photo mosaic(世界最大の写真によるモザイク画)」の、2008年8月23日にイギリスで制作された、枚数11万2,896枚、面積857.3平方メートルの記録です。 ギネス世界記録公式認定員の小川エリカさんを招いて行われた計測の結果、プロジェクトmの顔写真の枚数は12万枚、面積は1360.81平方メートルとなり、見事に新記録達成。小川さんによる記録達成宣言の後、みすゞ燦参sun実行委員会の河田会長にギネス記録認定証が贈られました。 小川さんは「この作品からは大きなエネルギーと、作った人たちの思いが感じられます。近くに行ってみると、一人ひとりの笑顔がよく分かりおもしろい。すばらしい作品ですね」と話されました。  なお、このプロジェクトmは、日本テレビ「ズームインsuper」内のコーナー「日本全国 旬な話題を生中継」で次のとおり紹介される予定です。 ■日時 1月14日(木) 朝7:20頃から、約2分間生中継■場所 ルネッサながとアリーナ■内容 12万枚の写真による巨大モザイク画の紹介