ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > アームレスリング日本一報告

アームレスリング日本一報告

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2009年12月15日更新
0

0
0
写真左から河崎さん、内山さん、山下さん、市長、村田周作さん、和成さん、佳史さん
 12月15日(火)、11月22日(日)に東京都で行われた第27回jawa全日本アームレスリング選手権大会で6人もの優勝者を出した通地区に本拠地を置くアームレスリングチーム『海聖』の優勝報告会が行われました。 大会には延べ約400人が参加。体重・右腕・左腕別の全18階級(男子)のなかで、同一チームから6人の優勝者を出す快挙を成し遂げました。なかでも「村田3兄弟」としてこれまでの新聞・テレビ等で取り上げられてきた村田周作さん、和成さん、佳史さんによる三兄弟での優勝は大会史上初とのことです。6人は来年秋にラスベガスで行われる世界大会の出場権を獲得しました。 選手を代表して村田兄弟長男の村田周作さんが、「この優勝を機に、これからもチームで切磋琢磨し、長門市に元気が出るような報告ができるよう頑張っていきたいです」とあいさつ。南野市長が「今回の結果は皆さんの努力のたまもの。皆さんの頑張りは通地区の人も誇りに思っていることと思います。世界選手権でも頑張ってきてください」とお祝いの言葉を贈りました。 優勝者は次のとおりです。・村田周作さん〔75kg・左腕〕長門市在住、昨年に引き続き2連覇・村田和成さん〔65kg・左腕〕山口市在住(長門市出身)、初優勝・村田佳史さん〔80kg・左腕〕長門市在住、昨年、一昨年と70kg・左腕2連覇・内山義孝さん〔55kg・左腕〕長門市在住、初優勝・山下仁千さん〔55kg・右腕〕下関市在住(長門市出身)、初優勝・河崎靖史さん〔60kg・左腕〕長門市在住、初優勝