ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 介護予防市民公開講座

介護予防市民公開講座

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2009年12月7日更新
講演会には多くの人が集まりました

講演会には多くの人が集まりました
講師の大谷るみ子さん
 12月6日(日)、ラポールゆやで介護予防市民公開講座が開かれました。講師として招かれたのは大谷るみ子さん。nhkプロフェッショナル「仕事の流儀」に出演されるなど、認知症の理解と支援を深めるために活躍されており、この日は「認知症を支える地域づくり ?認知症の理解と支援?」というテーマで講演されました。 講演の中で大谷さんは、「認知症予防のために、最近は脳のトレーニング、いわゆる『脳トレ』が流行っていますが、1人で一生懸命に脳トレをするよりは、仲間たちと会話をしたり、一緒に楽しく活動する方が、予防に効果的です。特に『笑い』の力は大きく、いつも笑顔でいることが大切です」と話されました。