ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 三隅地区に新しいごみ収集車

三隅地区に新しいごみ収集車

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2009年11月30日更新
塵芥収集車をバックに記念撮影

塵芥収集車をバックに記念撮影
4トン車で、排気量は約5.2リットル
 11月30日(月)、三隅支所で新しいごみ収集車の納車式が開かれました。この収集車は、三隅地区で今まで使われていた収集車が老朽化したため、国の地域活性化・経済対策臨時交付金事業を活用して購入されたものです。 納車式は、収集車側面の標語の作者、三隅中1年生の永岡大樹君も招いて行われました。この標語は山口県快適環境づくり連合会主催の環境保全・環境美化標語コンクールの中学校の部での優秀賞を受賞。「すてないで つかえるものは リサイクル」と、環境保全を訴えたもので、納車式では南野市長から賞状と記念品が贈られました。