ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > ソロプチミスト長門認証20周年

ソロプチミスト長門認証20周年

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2009年10月23日更新
記念式典であいさつをする藤村会長

記念式典であいさつをする藤村会長
約200人が出席した式典会場のようす
あいさつをする南野市長
式典会場のようす
 10月22日(木)、国際ソロプチミスト長門認証20周年記念式典が、湯本の白木屋グランドホテルで開催されました。国際ソロプチミストとは職業を持つ女性で組織されるボランティア団体のことで、人権と女性の地位を高める奉仕活動をしています。式典には南野市長や来賓の他、県内外の姉妹ソロプチミストから約200人が出席しました。南野市長は「先日は軽自動車や時計、テントなどを寄贈していただきありがとうございました。人権や男女共同参画、女性の地位向上などに取り組まれていることに対して心から敬意を表します。これからは市民のみなさんとの協働が必要。明るく住みよい地域の創造に尽力をいただきたい」とあいさつをしました。この式典の中で、日置農業高等学校の馬クラブがソロプチミスト日本財団の社会ボランティア賞を受けることが報告されました。