ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 俵山しゃくなげ園が大賞

俵山しゃくなげ園が大賞

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2009年9月29日更新
たくさんの観光客でにぎわうしゃくなげ園

たくさんの観光客でにぎわうしゃくなげ園
4月下旬には2万本余りのしゃくなげが見頃に
前長門・下関市長が訪問した際に説明をする金川さん(左)
 9月28日(月)、日本観光協会が第11回花の観光地づくり大賞を発表し、俵山しゃくなげ園が大賞に選ばれました。この賞は花による観光地づくり事業を推進し地域の観光振興に貢献した団体や個人に対して贈られるものです。俵山しゃくなげ園は、金川鐡夫さんが40年かけて自宅の裏山や休耕田に植栽して増やしてきたもの。俵山の気候に合うように品種改良をするなどしてうまく育つようになるまで大変苦労したということです。今では2ヘクタールの広さの土地に約130種類、2万本余りのしゃくなげが植栽されていて、毎年4月中旬から5月の初旬まであざやかなピンクや白の花を咲かせ、たくさんの観光客が訪れています。10月8日に静岡県浜松市で開かれる「花のくに日本運動」推進大会で表彰式が行われることになっています。