ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 国際ソロプチミスト長門寄贈品除幕式

国際ソロプチミスト長門寄贈品除幕式

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2009年9月17日更新
時計台除幕

時計台除幕
風船を見送るあおい幼稚園の園児達
0
出席者記念撮影
市総合公園入口の時計台
 9月17日(木)、国際ソロプチミスト長門から市への寄贈品の除幕式が、市総合公園で行われました。 国際ソロプチミスト長門が行われたチャリティーバザーやチャリティーコンサートなどの収益の中から、市総合公園入口や俵山多目的交流広場、日置農村環境改善センターの3ヵ所に時計台、市に 防犯活動パトロール用の軽乗用車、市教育委員会に子どもパトロール用の軽乗用車、仙崎中学校にテント3張を寄贈いただきました。 国際ソロプチミスト長門の藤村佐智代会長が「長門の子どもたちの健全育成のお役に立てたら幸いですと」挨拶し、南野市長に目録を贈呈。南野市長が「大切に使わせていただきます」とお礼の言葉を述べました。 南野市長、藤村会長ほか関係者により行われた除幕にあわせて、あおい幼稚園の園児がたくさんの風船を空に放ちました。