ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 農山漁村交流プロジェクト

農山漁村交流プロジェクト

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2009年9月16日更新
俵山小学校で歌舞伎体操を教わっているところ

俵山小学校で歌舞伎体操を教わっているところ
歌舞伎のせりふを練習しているようす
宿泊の引き受け家族との対面
竹を切ってそうめん流しの道具を作っているところ
畑で農作業を体験
 子ども農山漁村交流プロジェクトが俵山地区で9月15日(火)から18日(金)まで行われました。これは都会の子どもたちに農山漁村の民家に宿泊しながら、いろいろなことを体験してもらおうというものです。 今回、俵山地区にやってきたのは下関彦島の下関市立角倉小学校5年生59人。初日、児童らは俵山小学校を訪れ、俵山小学校の児童から歌舞伎体操や白浪五人男の台詞を教わるなどして交流を深めました。その後、受け入れ先民家で宿泊しながら、ゆずきちを収穫したり畑を耕したりするなど俵山ならではの体験をしました。子どもたちは、初めての作業にとまどいながも目を輝かせて楽しそうに取り組んでいました。