ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 最後の向津具合同運動会

最後の向津具合同運動会

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2009年9月14日更新
自分たちで振り付けを考えたよさこいソーラン節

自分たちで振り付けを考えたよさこいソーラン節
今回の運動会のスローガン
みんな頑張ったむかで競争
ピシッと決まった「応援合戦」
閉校記念行事として「もちまき」が行われた
 9月13日(日)、向津具中学校で最後の向津具合同運動会が行われました。これは、向津具小学校と向津具中学校、そして、大浦・久津保育園の合同運動会で、来年の春に向津具中学校が菱海中学校への統合されることがが決まっており、向津具中学校としてはこの合同運動会が最後の運動会となりました。小学生42人、中学生26人、保育園児20人が参加し、「めざせ優勝!向津具魂の燃えるとき!」と題したスローガンのもと、最後の良い思い出にしたいと一生懸命競技に取り組んでいました。トラックの周りのテントからは、保護者らが大きな声援を送っていました。最後に何かやろうと中学生全員で取り組んだ「we are 『yosakoi!』」と題したよさこいソーラン節では、元気いっぱいの踊りを披露しました。運動会終了後には、閉校記念行事としてもちまきが行われ、小中学生と大人に別れてたくさんのもちがまかれました。