ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 黄波戸恵比寿祭

黄波戸恵比寿祭

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2009年8月7日更新
大漁旗で飾り付けられた漁船

大漁旗で飾り付けられた漁船
沖をパレードする漁船
神事が行われた恵比寿神社
福引を引く人
 8月7日(金)、日置黄波戸で恵比寿祭りが行われました。恵比寿様は、豊漁・海上安全・商売繁盛の神様として崇められています。黄波戸の恵比寿社は旧暦の6月17日が祭日となっていましたが、現在は7月末から8月初旬に月齢を見て決める慣わしになっています。日置八幡宮から神輿をお迎えし、大漁旗なびかせた船団が沖に出て、神主が乗ったお座敷舟を取り囲むようにパレードしました。お座敷舟ではお神楽があげられました。この後、福引が行われるなどして黄波戸の町は終日お祭りムードでした。