ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 通小中合同大越の浜清掃

通小中合同大越の浜清掃

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2009年6月29日更新
はじめの会の様子

はじめの会の様子
小学生によるごみ調査の発表
清掃活動
ごみの種類を調査
回収したごみ
 6月26日(金)、通小中合同の海岸清掃が大越の浜で行われました。それぞれの学校で毎年行われている活動ですが、合同での開催は今回が初めてで、小中学生以外に地元の漁協組合員や仙崎海上保安部も参加しました。作業の前に「はじめの会」が開かれ、各団体からのあいさつや、小学生によるゴミ調査の発表によって清掃活動の大切さがうったえられました。  作業が始まると、班ごとに分かれてゴミの種類を分別しながら回収しました。通中学校の案野教頭は、「去年に比べてだいぶゴミが減っていますね。毎年続けてきた成果が出たのでしょうか」と話していました。集められたゴミは中学生が種類や量を調査し、授業で資料を作ったり結果を発表したりするそうです。