ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > ファミサポ会員交流会

ファミサポ会員交流会

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2009年3月9日更新
ファミサポ会員交流会

ファミサポ会員交流会
 3月8日(日)、長門市ファミリーサポートセンター会員交流会が社会福祉協議会2階和室で行われました。これは、ファミリーサポートセンターに登録している会員、場所を提供する「提供会員」と子どもを預ける「依頼会員」同士がお互いに顔を合わせることによって信頼を深めることを目的に今年初めて開催されたもので、大人16人、子ども17人が参加しました。 交流会では、座ってできる骨盤体操などお母さんのための体操からスタート、子どももお母さんといっしょに体を動かしていました。続いて、提供会員の事例発表の後、絵本の読み聞かせや手遊びなどが行われました。事例発表では西深川地区の田原冨由子さんが「大切なお子さんを預かることには身が引き締まる思いだった。子どもさんが嫌がるかなと思ったが意外にすんなり来てくれてよかった。無事にお返ししたときはほっとしました」と体験談を話しました。ファミリーサポートセンターでは毎年1回程度このような会を開催することにしています。