ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > みすゞふるさと大使委嘱状交付式

みすゞふるさと大使委嘱状交付式

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2009年3月3日更新
みすゞふるさと大使

みすゞふるさと大使
3月1日、ルネッサながとでみすゞふるさと大使委嘱状交付式が行われました。この「みすゞふるさと大使」は、長門市出身の童謡詩人金子みすゞの心を全国に伝え市のイメージアップにつなげようと新設されたもので、その第1号としてnhkスペシャル「こころの王国童謡詩人金子みすゞ」で金子みすゞ役を演じるなど金子みすゞになじみの深い女優の小林綾子さんが委嘱されました。式では、松林市長が「長門市には良いものがたくさんある。それをしっかりと楽しんでいただいて長門を第2のふるさとのように思っていただきたい。これからも小林さんとともに金子みすゞの世界を広げていきたいです」とあいさつし委嘱状を手渡しました。交付式の後には、小林さんと矢崎節夫金子みすゞ記念館長によるトークショーも開催され、小林さんは「長門市の素晴らしさを多くの人に知っていただき、みすゞさんの輪が広がっていくよう精一杯努めたい」と抱負を述べたほか、金子みすゞの詩に対する思いや子役で出演したnhkドラマ「おしん」の裏話なども語られました。また、「大漁」「みんなを好きに」「私と小鳥と鈴と」などみすゞの詩の朗読もあり、約800人の来場者からは大きな拍手が贈られていました。