ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 記念入浴絵馬を配布

記念入浴絵馬を配布

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2009年1月5日更新
記念入浴絵馬配布

記念入浴絵馬配布
1月1日、湯本温泉市営公衆浴場「恩湯」と「礼湯」で恒例の記念入浴絵馬が配られました。この記念入浴絵馬の配布は、昭和62年から始まったもので今回で23回目。今年の絵馬には、大寧寺住職岩田啓靖さんの書による「牛は水を飲んで乳となす」という言葉と、油谷在住の漫画家広中健次さんによる今年の干支・丑のイラストが描かれています。この日は、正午からの開場を前に多くの入浴客が列を作り、用意された100枚の絵馬はすぐになくなりました。