ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

ながと版 新しい生活様式

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2020年7月13日更新

ながと版 新しい生活様式

 一人ひとりの行動が感染拡大防止につながります。

 「新しい生活様式」を取り入れた生活を実践し、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に努めましょう

 ながと版 あたらしい生活様式 [PDFファイル/1.47MB]

新しい生活様式

 ながと版新しい生活様式(秋冬版)ができました

 寒い時期を迎えますが、暖房器具で部屋の温度を調節しながら換気を行うようにしてください。

 また、からだに抵抗力をつけるため、食事で十分に栄養を摂取するよう心がけましょう。

ながと版新しい生活様式(秋冬バージョン)ができました [PDFファイル/1.36MB]

秋冬版

「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイント

・気温・湿度が高い中でマスクを着用すると、熱中症のリスクが高くなる恐れがあります。屋外で十分な距離(2m以上)が確保できる場合には、マスクを外すようにしましょう。

・マスクを着用している場合には、重い作業や運動は避け、のどが渇いていなくてもこまめに水分補給を心がけましょう。また、周囲の人との十分な距離をとれる場所で、適切マスクを外して休憩することも必要です。

・新型コロナウイルス感染症を予防するためには、冷房時でも換気をする必要があります。この場合、室温が高くなるので、熱中症予防のためエアコンの温度設定をこまめにしましょう。

・日頃の体温測定、健康チェックは、熱中症予防にも有効です。体調が悪いと感じたら、無理せず自宅で療養しましょう。

・3密(密集、密接、密閉)を避けつつも、熱中症になりやすい高齢者、子供、障害者への目配り、声掛けをしましょう。


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)