ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 生涯学習・スポーツ > 文化財 > 三隅熊野権現社の金銅阿弥陀如来坐像懸仏及び鏡板

三隅熊野権現社の金銅阿弥陀如来坐像懸仏及び鏡板

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2018年12月4日更新

三隅熊野権現社の金銅阿弥陀如来坐像懸仏及び鏡板

市指定 有形文化財 工芸品

昭和56年12月11日指定

 

寛文3年(1663)、地中から大きな釜が掘り出された。その中に小さな金銅(こんどう)阿弥陀(あみだ)如来(にょらい)坐像(ざぞう)(ぶつ)及び鏡板(かがみいた)が納められていた。仏像の高さは約6.4cmから9cmで、鎌倉時代の特色をよく示している。釜には正応元年(1288)の文字が刻まれていた。この懸仏(かけほとけ)を御神体として熊野権現社が建立された。  (出典『長門市の文化財』)