ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

大内山楽踊

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2018年12月4日更新

大内山楽踊

市指定 無形民俗文化財

昭和62年3月30日指定

 

 以前は毎年9月8日、日置大内山地区の赤崎神社に奉納されていた。現在は日置八幡宮の秋の例祭(9月23日)に奉納され、境内で踊られる。牛馬の安全息災と五穀豊穣を祈願するお祭で、楽打ち系統の風流踊りである。槍持ち・ササラ・杖・団扇・太鼓・笛・鉦で構成され、楽奉納は1回のみで20分間である。  (出典『長門市の文化財』)