ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

能面及び狂言面・附面袋

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2018年12月4日更新

能面市指定 有形文化財 工芸品

平成23年9月26日指定

 

八坂神社に所蔵される能・狂言面七面と面袋は、制作・寄進された年代から3期に分けられる。一番古いものは室町時代一面、次いで元禄3年(1690)で五面と面袋、最後は近代作の一面である。元禄期の寄進については、江戸時代後期の『防長風土注進案』に、寛文年間(1661~1672)に八坂神社(当時は()戸崎(とざき)祇園社(ぎおんしゃ))は火災に遭い、大内家伝来の能面が焼失したことが記されており、このことと関連があると思われる。   (出典『長門市の文化財』他)

関連リンク:ななび<外部リンク>