ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

木造聖観世音菩薩立像

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2018年12月4日更新

木造聖観世音菩薩立像

市指定 有形文化財 彫刻

平成4年3月16日指定

 

油谷(ゆや)(むか)津具(つく)にある。ヒノキ材の一木造りで、像高109.9cm、旧満福寺の本尊と言い伝えられている。後に、「満」が「万」に。寺跡は日吉神社(旧山王社)の西南方150mにあり、境内の小堂に安置されている。後世に彩色され、冠飾り、光背、台座とも後補。平安時代、11世紀頃の作とみられる。   (出典『長門市の文化財』)