ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

鹿角製釣針

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2018年11月6日更新

鹿角製釣針

市指定 有形文化財 考古資料

昭和59年5月1日指定

 

縄文時代後期のものと推定され、個人有所。シカの角を平らに加工しU字型にくり抜いたもので、上下の長さは6.8cm。先端は鋭くとがり、糸をつける根元の部分はわずかにふくらんでいる。昭和39年(1964)、(しら)(かた)の工事現場の地下10mあたりで、貝塚と思われる多くの貝殻の中から採取された。  (出典『長門市の文化財』)