ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

八王子山の樹叢

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2018年11月6日更新

八王子山の樹叢

市指定 天然記念物

昭和58年6月1日指定

 

王子社が祀られている王子山の樹林は、日本列島の暖温帯に発達する原始林(極相林)に近い森林として重要である。常緑広葉樹林(照葉樹林)で、ホルトノキを優占種とする点は県下では唯一の例である。オガタマノキは北長門海岸を日本海岸の北限としており、ハマセンダンの大木もある。 

地元では、王子山と呼び親しまれているが、指定名は八王子山となっている。 

(出典『長門市の文化財』他)