ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

久原横臥褶曲構造

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2018年11月6日更新

久原横臥褶曲構造 市指定 天然記念物

昭和57年3月20日指定

 県道358号線から久原(くばら)漁港へ通ずる道路の右側の崖に見られる。第三紀層の海中スランピング(一層の地すべり)によって、充分に固まりきっていない地層が、おし曲げられて横臥(おうが)褶曲状(しゅうきょくじょう)に形成されたもの。岩質は、()(がん)(けつ)(がん)の互層。これだけはっきり判明できるのは珍しい。  (出典『長門市の文化財』)