ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

日置峠山の須恵器窯跡

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2018年11月30日更新

日置峠山の須恵器窯跡

県指定 史跡

昭和44年2月4日指定

日置(へき)峠山(たおやま)の標高20mの丘陵北斜面に築かれた登り窯の跡。窯の内部は斜面の上端に煙道があり、下の端に焚口を開く。昭和43年(1968)に発見された時には、既に窯の内部は埋没していた。遺物の形から古墳時代後期から奈良時代にかけてのものと思われ、須恵器を焼いていたことがわかる。この時期の窯の構造を知る上で重要である。窯跡から出土した出土品は市指定考古資料に指定されている。 (出典『長門市の文化財』)