ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 生涯学習・スポーツ > 文化財 > 青海島八王子山タチバナ自生北限地

青海島八王子山タチバナ自生北限地

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2018年11月26日更新

県指定 天然記念物

昭和42年1月17日指定

 タチバナはミカン科の常緑亜高木で、野生のみかんである。日本海岸では、ここが北限地で、自生地は仙崎青海大橋近くの八王子山の南斜面である。標高50mの林の中にあり、昔は多数自生していたが現在は1本のみである。花期は6月ごろ、白い花をつける。果実は直径3cm程度の大きさで、冬に熟し柚子のような香気を放つ。(出典『長門市史』)