ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

木造四天王立像

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2018年10月9日更新

県指定 有形文化財

平成27年12月18日指定

 四天王像は仏教守護の武神として、通常(しゅ)()(だん)(寺院の仏殿で仏像を安置する壇)の四方に配される。二尊院の所有で、各像ともヒノキの寄木造。写実的で、彫刀の冴えをみせる優作である。鎌倉時代中期の作と思われる。各像とも後世に極彩色を施されており、像高は「持国天」75.5cm、「増長天」73.7cm、「広目天」74.5cm、「多聞天」77.2cm木造四天王立像

 同寺には、修理の際、多聞天の左(もも)から出たと伝えられる小紙片が保存されている。それよれば、国宝に指定されている釈迦・阿弥陀二尊と製作時期が同じであると考えられる。  (出典『油谷町史』)  

関連リンク:ななび<外部リンク>