ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

金銅薬師如来立像

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2018年10月9日更新

金銅薬師如来立像県指定 有形文化財 彫刻

昭和60年10月29日指定

 俵山温泉の薬師堂の本尊である。青銅に()(きん)をした金銅仏であるが、現在は()(きん)が剥落して黒色を呈している。像高は43.1cm。背面に刻銘があり、延慶4年(1311)に萩市紫福の寺の仏像として作られたことがわかる。

 『防長風土注進案』によれば、天保の頃までは、長門市仙崎の極楽寺に安置されていたことがわかる。嘉永4年(1851)俵山温泉の大火で俵山湯町にあった湯薬師堂が本尊共に全焼し、同6年に薬師堂を再建した際、極楽寺から本尊として安置された。鎌倉時代末期の銘文のある金銅仏は県下では他になく、価値が高い。(出典『長門市史』『長門市の文化財』)