ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

龍宮の潮吹

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2018年8月24日更新

国指定 天然記念物 及び 名勝

昭和9年8月9日指定

 「龍宮」は、宇津賀半島北端の海喰地形の総称をいい、岩礁・洞穴に富み、一帯は第四紀洪積世の玄武岩からな竜宮の潮吹る。潮吹きは、打ち寄せる波が、岩礁の孔内に流入するときに中の空気が圧縮され、小孔から空気が出ようとして、爆音と共に海水を噴き上げる現象である。風の無いときでも1~2mの噴潮現象があり、冬の季節風の強いときは30mにも達する。潮吹きの穴は縦約1m、横約20cmで、その下に洞穴がある。(出典『油谷町史』)

関連リンク:ななび<外部リンク>