ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 都市建設課 > 大規模盛土造成地マップを公表します

大規模盛土造成地マップを公表します

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2019年7月1日更新

宅地耐震化推進事業

事業の背景及び目的

背景

 平成7年(1995年)の兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)、平成16年(2004年)の新潟県中越地震などにおいて、大規模に盛土造成された宅地で滑動崩落による被害が発生しました。この滑動崩落という現象のメカニズムは、これらの被害により初めて明らかになってきました。これを受けて、地震時の宅地の安全性を確保するため、平成18年(2006年)に宅地造成等規制法が改正されました。

 あわせて、活動崩落を防止するために必要な調査や工事などを支援する宅地耐震化推進事業が創設されました。

事業の目的

 大規模盛土造成地の位置、場所及び規模を調査し、大規模盛土造成地マップを作成・公表することにより、宅地造成に伴う災害リスクに対する県民の理解を深めるとともに、滑動崩落による被害の未然防止を促進します。

大規模盛土造成地とは

 次のいずれかに該当するものをいいます。

盛土イメージ1

滑動崩落とは

 盛土の滑動崩落は、通常時は、盛土自体の重さで「滑り出そうとする力」と摩擦力などで「抵抗する力」が釣り合っているため、盛土は安定しています。

 しかし、地震時には盛土が「滑り出そうとする力」に「地震力」が後押しするかたちで加わります。盛土が「滑り出そうとする力」と「地震力」を合わせた力が「抵抗する力」を上回った場合、盛土は滑り出してしまします。

滑動崩落の図

                                                  (例:ひな壇部の変形)

大規模盛土造成地マップの公表について

マップの作成方法について

 造成前と造成後の地形図を重ね合わせることにより大規模盛土造成地のおおむねの位置と規模を抽出します。

マップの作成方法についての図

マップの公表について

 位置図と宅地のチェックポイント等を記載したリーフレットを公表します。

 なお、この時点でマップに示す箇所が、すべて地震時に危険というわけではありません。

 また、今後、箇所が追加される可能性があります。

 

 位置図

 リーフレット

 宅地耐震化推進事業Q&A

 


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)