ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 観光政策課 > 長門市湯本温泉事業特別会計の経営戦略の策定について

長門市湯本温泉事業特別会計の経営戦略の策定について

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2021年3月29日更新

経営戦略

 長門湯本温泉は県内でも最も古く、伝統ある温泉地として、これまでも観光客だけでなく地元住民の利用も多く、古くから温泉が重要な観光資源として活用されてきました。
 本市の観光地として最も多くの宿泊客を集める長門湯本温泉は、市の観光経済において重要な場所であり、それを支える最も需要な資源である「温泉」の適切な管理・運営は必要不可欠な事業です。限りある資源である「温泉」は温泉街全体の活性化のまさに源泉であり、持続的な観光地経営が進むよう、地域の旅館・ホテルとの協働を行いつつ、適正・適切な配湯管理により安定した供給体制の構築を目指します。
 そのため、経営状況を把握、分析し、中長期的な視点に基づく計画的な経営に取り組み、徹底した効率化、経営の健全化を行う必要があることから、今後10年間の経営の基本計画として「経営戦略」を策定しました。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)