ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

矢崎節夫館長コラム 「白い帽子」 2023年1月1日

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2023年1月1日更新

白い帽子

白い帽子、
あったかい帽子、
惜しい帽子。

でも、もういいの、
失くしたものは、
失くしたものよ。

けれど、帽子よ、
お願いだから、
溝やなんぞに落ちないで、
どこぞの、高い木の枝に、
ちょいとしなよくかかってね、
私みたいに、不器っちょで、
よう巣をかけぬかわいそな鳥の、
あったかい、いい巣になっておやり。

白い帽子、
毛糸の帽子。

「金子みすゞ童謡全集」JULA出版局

 

新年明けましておめでとうございます。

今年は記念館開館20年の記念すべき年です。

そして、金子みすゞさん生誕120周年の大変うれしい年でもあります。

3月10日の命日と、4月11日の誕生日の間の4月1日(土)、2日(日)と、3年ぶりに全国の交流会が長門市で行われます。2日の午後はお祝いの会として「ルネッサながと」で、ちひろさんの歌や神田京子さんの講談みすゞ伝、呉菲さんの中国語訳の朗読、みすゞ合唱団の歌など、もりたくさんの公演が行われます。

『白い帽子』を読むと、今年という白い帽子が、どんな楽しいことに出会うかワクワクしてきます。

昨年までの残念なことは「失くしたものは、/失くしたものよ。」と、カラっと忘れて、新しい1年を前向きに過ごしていきましょう。

どの1日も、2度とない1日なのですから。

門松もでき、館員一同心新たにみなさまをお待ちしております。

   

令和5年1月1日

金子みすゞ記念館 館長 矢崎 節夫