ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

矢崎節夫館長コラム 「もくせいの灯」 2022年9月1日

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2022年9月1日更新

もくせいの灯

お部屋にあかい灯がつくと、

硝子のそとの、もくせいの、

しげみのなかにも灯がつくの、

ここのとおんなじ灯がつくの。

 

夜更けてみんながねねしたら、

葉っぱはあの灯をなかにして、

みんなで笑って話すのよ、

みんなでお唄もうたうのよ。

 

ちょうど、こうしてわたしらが、

ごはんのあとでするように。

 

窓かけしめよ、やすみましょ、

みんなが起きているうちは、

葉っぱはお話できぬから。

「金子みすゞ童謡全集」JULA出版局

 

 仙崎の路地を歩いていると、ふわっとやさしい甘い香りに出合うことがあります。

 キンモクセイの香りです。

 青空からふってくるトンビのヒュルルーという透明な鳴き声とキンモクセイの香り――、
 みすゞさんはこうして9月の訪れを感じたのだと思うと、変わることのない仙崎の季節に出合えて、うれしくなります。

 『もくせいの灯』を読むと、葉っぱが笑ったり、唄ったりしていて、みすゞさんの全ての存在に対して、やさしく、深いまなざしがゆるぎないことに感動します。

 一冊でみすゞさんの全ての作品が読める、金子みすゞ童謡全集(JULA出版局)が、来年のみすゞ生誕120年を記念して出版されました。装丁は友人の高畠純さんです。若草色に銀の箔押しの美しい一冊です。

 マスクをしていても、笑顔で! いつでもほっとできる記念館であるように、館員一同心よりみなさまをお待ちしております。
   

令和4年9月1日

金子みすゞ記念館 館長 矢崎 節夫