ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

矢崎節夫館長コラム 「足ぶみ」 2022年4月1日

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2022年4月1日更新

足ぶみ

 

わらびみたよな雲が出て、

空には春が来ましたよ。

 

ひとりで青空みていたら、

ひとりで足ぶみしましたよ。

 

ひとりで足ぶみしていたら、

ひとりで笑えて来ましたよ。

 

ひとりで笑ってして居たら、

誰かが笑って来ましたよ。

 

からたち垣根が芽をふいて、

小径にも春が来ましたよ。

 

 

 

                                 「金子みすゞ童謡全集」JULA出版局

 

 

 

 

 

  春です。みすゞさんは春のわくわくさをとても見事に『足ぶみ』でうたっています。

”わらびみたよな雲が出て、/空には春が来ましたよ。”と声に出して読むだけで寒さでかたまった心とからだが、コトコトとうれしい方へ、明るい方へ動いていくような楽しい気持ちになります。

 そして、このうれしさ、楽しさは一人で留まることはないのです。こだまになって、みんなに広がっていくのです。

”ひとりで笑ってして居たら、/誰かが笑って来ましたよ。”

 うれしさや楽しさは、人だけでなく木や草や、空や海、私たちのまわりに波紋になって広がっていくのですね。今、一番つらい体験をしている国の人たちにも、一刻も早く春がとどくことを心から願っています。

 今月で開館19年目に入ります。ホッとできる場所でありたいと館員一同お待ち申し上げます。

 

 

 

 

                                    令和4年4月1日

                                    金子みすゞ記念館 館長 矢崎 節夫