ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

矢崎節夫館長コラム 「こぶとり」 2021年9月1日

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2021年9月1日更新

こぶとり  - おはなしのうたの一 -

 

正直爺さんこぶがなく、

なんだか寂しくなりました。

意地悪爺さんこぶがふえ、

毎日わいわい泣いてます。

 

正直爺さんお見舞だ、

わたしのこぶがついたとは、

やれやれ、ほんとにお気の毒、

も一度、一しょにまいりましょ。

 

山から出て来た二人づれ、

正直爺さんこぶ一つ、

意地悪爺さんこぶ一つ、

二人でにこにこ笑ってた。

 

 

                                      「金子みすゞ童謡全集」JULA出版局

 

 

 

 

 9月は『こぶとり』です。

 この物語りは鎌倉前期の『宇治拾遺物語』に載っていて、二人の人はある爺さんとある男でしたが、みすゞさんが読んだ明治には、正直と意地悪という言葉が付きました。でも、なにが正直で、どこが意地悪かの理由は全く書かれていないのです。

 二人の違いといったら、一人は鬼と仲良くなれる、社交的で、運動神経ばつぐん、一人は内気で、人見知りで、運動がにがてということだけでしょう。その上、こぶを二つもついた爺さんはおいおい泣いて終るのです。

 こんなのいやだ、と思ってみすゞさんは“二人でにこにこ笑ってた。”と書いたのです。この一行がみすゞさんのすばらしさ!

 朝起きて鏡を見たら「にこにこ」しましょう。一日で鏡を見る度に、意識して「にこにこ」しましょう。気持ちがあかるくなりますから。金子みすゞ記念館は笑顔の記念館をめざしています。

 

 

                                      令和3年9月1日

                                      金子みすゞ記念館 館長 矢崎 節夫