ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 第22回長門市美術展

第22回長門市美術展

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2016年2月27日更新
受賞した皆さん

受賞した皆さん
「この美術展を、今後の活動に生かしてください」と話す大西市長
上位4賞の受賞者へ賞状が手渡される
受賞者や審査員など約30人がセレモニーに参加
最後には部門別の講評も行われた

 2月27日(土曜日)から、ルネッサながと文化情報ギャラリーで、第22回長門市美術展が始まりました。

 毎年開催されているこの美術展は、市民や市内の事業所などに就業している人を対象に芸術作品を募集し、優秀な作品を展示することで芸術の振興と普及を図ろうとするものです。今回は工芸・彫塑、絵画、書、写真の4部門に、計54人、86点の作品応募がありました。

 この日行われたオープニングセレモニーには、審査委員のうち白岩博さん(絵画/長門市)・佐川秀陽さん(書/山口市)・安森信さん(写真/長門市)と受賞者、関係者など約30人が出席しました。はじめに大西市長が「今回は、前回を上回る多数の作品応募がありました。これから多くの人に作品を鑑賞していただき、今後の活動に生かしてください」と話し、続いて上位4賞に輝いた受賞者へ賞状が贈られました。

 その後、審査委員長を務めた白岩さんが総評として、「近づいてみたり、離れてみたり、さまざまな見方で審査を行う中で、皆さんの作品から「頑張り」を感じました。それは皆さんが「好き」という思いを持ち、制作に魅力を感じているからだと思います。単なる作品ではなく生きる力を持つのが芸術です、今後の活躍にも期待しています」と述べました。

 美術展は3月6日(日曜日)まで、ルネッサながと文化情報ギャラリーで行われています。時間は10時から17時まで、入場料は無料です。

 なお、受賞作品・受賞者(上位4賞)は下記のとおりです。

  • 長門市長賞 黒川林道 和田幹雄(絵画/西深川)
  • 長門市議会議長賞 近代詩 優心の詩 松本実佳(書/油谷川尻)
  • 長門市教育長賞 ウォータークラウン 今浦照之(工芸・彫塑/日置上)
  • 長門文化協会長賞 みんなちがってみんないい 大谷礼子(写真/三隅中)