ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 子どもたちに思い出を~ドライブインシアターの参加申込書を配布~

子どもたちに思い出を~ドライブインシアターの参加申込書を配布~

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2020年8月25日更新
Nagatoライオンズシネマが教育委員会を訪問

Nagatoライオンズシネマが教育委員会を訪問
9月20・21日にドライブインシアターを開催
実行委員会の4人が訪問
新型コロナウイルス感染症対策をしっかりと行ったうえで開催するとのことです

 8月25日(火曜日)、Nagatoライオンズシネマ実行委員会が市役所を訪れ、Nagatoライオンズシネマのチラシを教育委員会へと渡しました。 

 これは、夏休みが短縮された中でも少しでも良い思い出を子どもたちに提供しようと長門ライオンズシネマ実行委員会が企画し、ルネッサながとの駐車場を会場にドライブインシアターを9月20日・21日に開催するものです。ドライブインシアターとは、駐車場などに巨大な野外スクリーンを設置し、車の中から映画を鑑賞するもので、ルネッサながとのアリーナの壁に直接映画を映し、音声はFMの電波で自動車の中に提供します。上映作品は「ロラックスおじさんの秘密の種」と「イエスタディ」の2作。

 この日、実行委員会が教育委員会を訪れ、Nagatoライオンズシネマのチラシの各学校への配布を依頼しました。白石裕介会長は「この新型コロナウイルス感染症による困難な時代の中で密を避けながらできることを考え、ドライブインシアターを企画しました。今後もウィズコロナで何ができるかを考え、様々な取組を行っていけたら」と語りました。

 イベントは、これから市内の小学校や幼稚園を通じて配布されるチラシに添付の申し込みはがきを記入・提出し、応募多数の場合は抽選で100台に絞り、新型コロナウイルス感染症対策しっかりと行ったうえで開催されるとのことです。また、当日は場所は非公開となっていますが、花火も打ち上げられる予定です。