ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 深川小学校でリモート始業式

深川小学校でリモート始業式

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2020年8月24日更新
大塚校長は、「笑顔は人間だけの宝物、笑顔が元気と幸せにつながりますとあいさつ」

大塚校長は、「笑顔は人間だけの宝物、笑顔が元気と幸せにつながりますとあいさつ」
会議室でパソコンのカメラに向かって話す大塚校長
「家族の一員として役に立てるようお手伝いをがんばりたい」と発表
手洗いやマスク着用など新型コロナウイルス感染症予防対策の呼びかけが行われた

 8月24日(月曜日)、深川小学校でリモートによる始業式が行われました。

 

() この日は、長門市内の小中学校で一斉に始業式が行われ、501人の児童が在籍する深川小学校では、体育館で始業式を行った場合にコロナウイルス感染症の対策が十分に取れないことから、各教室において、テレビ会議ツールZOOMを使っての実施となりました。

 始業式では、大塚準校長が会議室からあいさつし、児童は各教室でモニターに映し出された映像を見ていました。その後2年生、4年生、6年生の3人が、人にやさしくしたい、言葉遣いをていねいに、家のお手伝いをしっかりやりたいなど「2学期にがんばりたいこと」を発表し、児童たちは各教室から拍手を送っていました。

 大塚校長は、「23日間と例年に比べて短い夏休みだったが、始業式を無事迎えられ、子供たちの元気な様子を見ることができたことがうれしい。ZOOMなどICTを上手に活用することで、できる取組をやっていきたい。今までと同じやり方ではできないかもしれないが、コロナ対策をしっかり行うことで条件を整え、児童には今までと同じくらい充実した生活を送ってもらえれば」と話していました。

  始業式終了後には、手洗いやマスクの着用など新型コロナウイルス感染症の予防対策や熱中症対策について、呼びかけが行われました。