ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 高校生がオンライン運動会を企画

高校生がオンライン運動会を企画

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2020年7月11日更新
オンラインならではの種目が考案された

オンラインならではの種目が考案された
小学生が楽しんでくれる種目は何だろう?
ZOOMの使い方を詳しく指導

 7月11日(土曜日)、ながとジュニアリーダーズクラブがオンラインを使った運動会企画を作るミーティングを行いました。

 コロナウイルス感染症の影響により、市内小・中・高校は今年度の運動会が中止となっており、寂しい思いをしている小学生にせめてオンラインを使った運動会を実施してあげられないだろうかという考えから、市内高校生が所属するながとジュニアリーダーズクラブが企画したものです。

 初めにオンラインに慣れるため、長門市しごとセンターの職員がオンラインアプリZOOMの使い方を指導しました。メンバーはスマホを使って、アプリのダウンロードやアカウントの作成などを行い、わからないことがあれば積極的に質問をしていました。その後3つのチームに分かれて、それぞれオンラインでもできそうな運動会種目を考案しました。

 チームごとに話し合った結果、ジェスチャーを使った種目などが考案され、ゲーム内容やルールについて確認を行いました。7月18日にまずジュニアリーダーズクラブのメンバーで実際にオンラインを使って運動会を試してみるということです。