ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > うそ電話詐欺防止のために

うそ電話詐欺防止のために

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2019年12月10日更新
うそ電話詐欺被害防止の年賀ハガキは1月1日に市内の高齢者世帯を中心に配布される予定

うそ電話詐欺被害防止の年賀ハガキは1月1日に市内の高齢者世帯を中心に配布される予定
年賀はがきは市内43の協賛団体によって4,600枚が作成
江原市長は「はがきを電話口において、市民みんなが安心安全な生活を送ることができれば」とあいさつ。
岡藤さんは「みんなが安心して過ごせるように市内企業もワンチームとなって支えていけたら」と述べる

12月10日(火曜日)、うそ電話詐欺被害防止の年賀ハガキ贈呈式が本庁舎で行われ、市内の協賛団体が作成した年賀ハガキ4,600枚が長門市防犯対策連合協議会に贈られました。

 うそ電話詐欺被害防止の年賀ハガキは、うそ電話詐欺被害による被害を市内で出さないよう啓発するために作成されるもので、市内43の協賛団体によって4,600枚が作成されました。この日は、協賛団体を代表して市内でホテルを営む岡藤智加子さんから長門市防犯対策連絡協議会の会長である江原市長にハガキが贈呈されました。

 受け取った江原市長は「市内では嘘電話詐欺の被害は挙がってきていないとのことだが、いつ起きるかわからない。このうそ電話詐欺被害防止の年賀ハガキを電話口において、市民みんなが安心安全な生活を送ることができれば」とあいさつ。続いて、岡藤さんは「うそ電話詐欺は他人事ではないもの。このはがきを手もとに置き、みんなが安心して過ごせるように市内企業もワンチームとなって支えていけたら」と述べました。

 この年賀ハガキは1月1日に市内の高齢者世帯を中心に配布される予定です。電話機の近くに置き、詐欺被害に合わないようにご注意ください。