ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 自転車ロードレースチーム「シマノレーシング」が表敬訪問

自転車ロードレースチーム「シマノレーシング」が表敬訪問

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2019年10月8日更新
自転車ロードレースチーム「シマノレーシング」の選手8人と監督1人の計9人が表敬訪問

自転車ロードレースチーム「シマノレーシング」の選手8人と監督1人の計9人が表敬訪問
野寺秀監督は「ここは合宿に最適で、来週末の大会に向けてしっかりと調整したい」と話しました
選手らは「やきとり職人体験」や「深川中学校自転車体験交流会」などに参加する予定です
11月に実施される「ながとブルーオーシャンライドwith秋吉台」にも参加する予定です

  10月8日(火曜日)、10月6日から市内で合宿を行っている自転車ロードレースチーム「シマノレーシング」の選手8人と監督1人の計9人が表敬訪問しました。

 同チームは「全日本自転車競技選手権大会ロード・レース」優勝の入部正太朗選手を輩出するなど、日本の自転車競技をリードするチーム。11月23日(土曜日)に本市で開催するサイクリングイベント「ながとブルーオーシャンライドwith秋吉台」にもゲストライダーとして参加する予定で、10月6日から11日の間市内で合宿を実施しています。

 大西市長は「長門市はスポーツツーリズムを掲げており伝統あるシマノレーシングチームに合宿をしてもらえることは光栄なこと」と話し、野寺秀監督は「長門市は、ながとブルーオーシャンライドに参加させてもらい、走る環境が整っていると感じた。ここは合宿に最適で来週末の大会に向けてしっかりと調整したい」とあいさつしました。 

 選手らは、10月10日(木曜日)に「やきとり職人体験」や「深川中学校自転車体験交流会」などに参加する予定です。