ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 9年連続で全国大会へ

9年連続で全国大会へ

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2018年2月15日更新
俵山TCが9年連続で全国大会出場(左から伊藤さん・福本さん・大西市長・坂田さん・本田さん)

俵山TCが9年連続で全国大会出場(左から伊藤さん・福本さん・大西市長・坂田さん・本田さん)
「過去最高となるベスト16以上を目指して頑張ってください」と大西市長
激励費とTシャツが手渡される
「決勝進出を目指して、チームのモットーである『あきらめない』の言葉を胸に頑張ります」と本田さん(左)

 2月15日(木曜日)、「2018全日本綱引選手権大会」に出場する「俵山TC」の選手が市役所を訪れ、大西市長から激励を受けました。

 昨年11月に山口市で行われた県予選で優勝し、9年連続となる全国大会への出場権を手にした俵山TCには、現在15人が所属。俵山地区だけでなく、下関市・美祢市からもメンバーが集い、週に4回、旧俵山中学校体育館で約2時間の練習に励んでいます。

 出場者のうち、本田勝規さん・福本道晴さん・坂田美継さん・伊藤隆夫さんが出席した激励会では、大西市長が「過去最高となるベスト16以上を目指して、全国の選手と交流を深めながらしっかり頑張ってください」と激励。キャプテンを務める本田さんは「予選は苦しいブロックで戦うこととなりましたが、決勝進出を目指して、チームのモットーである『あきらめない』の言葉を胸に頑張ります」意気込みました。

 大会は3月4日(日曜日)、東京都の駒沢オリンピック公園総合運動場体育館で行われ、出場登録選手は下記のとおりです(敬称略)。

  • 監督 梅田信司
  • トレーナー 伊藤隆夫
  • 選手 福本道晴、中三川竜二、増野 亨、本田勝規、坂田美継、増野敏之、三浦浩一、加藤広嗣、坂辻 満、藤部拓也