ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > おやじバンド祭りvol.14

おやじバンド祭りvol.14

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2018年2月11日更新
県内で活動する6バンドが順にステージに登場

県内で活動する6バンドが順にステージに登場
オープニングを飾った「F.STREET」
観客も大盛り上がり
室崎和之さんはアコースティックギターで弾き語りを披露
長年培ってきた技術と歌声で会場をわかせた

 2月11日(日曜日)、ルネッサながと劇場で「おやじバンド祭りvol.14」が開催されました。

 「音楽で北浦地区を元気にしたい」という思いのもと、ルネッサながとが開館した平成12年に初開催されたこのライブイベントは、途中5年間の休止期間を経て再開され、今年が14回目の開催となります。

 今回は長門市で活動する「F.STREET」をはじめ、室崎和之さん、デイジー・ウォーカー、TOKIWA PARK、FOUR CHORD SPECIAL、ケンコちゃんバンドと、県内で活動する6バンドが順にステージに登場し、長年培ってきた技術や歌声で会場をわかせました。客席には、手づくりのうちわを持ってバンドを応援したり、音楽に合わせて踊り出す人も見られました。

 ホストバンドの「F.STREET」でボーカルを務める白澤真史さんは、4曲を披露してオープニングを飾った後、「今日は雪の予報でしたが、皆さんの熱気のおかげで晴れました。温かい声援をいただき、50歳を超えてもこうしてバンド活動が続けられること、そして本イベントが14回目を迎えられたこと、本当にうれしく思います」と観客へ感謝の言葉を述べました。