ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 宇津賀地区に「来てみいね!」

宇津賀地区に「来てみいね!」

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2017年11月26日更新
新鮮な魚介や野菜、手作りの加工品などが販売されたバザー

新鮮な魚介や野菜、手作りの加工品などが販売されたバザー
会場は、油谷後畑にある旧文洋小学校
のりのつかみ取りに挑戦
笑顔で話を交わす出店者と来場者
「うつかフォトコンテスト」の応募作品を眺める

 11月26日(日曜日)、油谷後畑の旧文洋小学校で「来てみいね!第5回宇津賀ふるさとまつり」が開催されました。

 毎年開催されるこの祭りは、地区内外の交流と産業振興を図ろうと、宇津賀地区まちづくり協議会が主催するものです。グラウンドではバザーが行われ、地元の企業・団体が提供する新鮮な魚介や野菜、手作りの加工品などを買い求める人でにぎわいました。各ブースでは、近況を報告しあったり、再会を喜びあう姿も見られました。

 体育館内のステージでは舞台発表が行われたほか、ビンゴゲームやもちまきも開催。昨年に続き2回目の開催となった「うつかフォトコンテスト」の表彰式も行われました。「宇津賀地区の四季・行事」をテーマにした今回は、市内外から86点の応募があり、金賞には、夕日であかね色に染まる棚田を撮影した尾崎ヒサ子さんの作品「夕照」が選ばれました。

 なお、主な入賞者は下記のとおりです。作品は12月から来年3月まで、旧文洋小学校で展示されるとのことです。

  • 金賞 夕照/尾崎ヒサ子(防府市)
  • 銀賞 小春日和/有吉 昇(油谷久富)
  • 銀賞 漁火/谷野 隆(山陽小野田市)
  • 銅賞 長閑な田園/広田和夫(宇部市)
  • 銅賞 ワカメ干し/吉岡 納(油谷後畑)