ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 三隅地区で防災避難訓練

三隅地区で防災避難訓練

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2017年11月22日更新
手をつないで避難する三隅保育園の園児

手をつないで避難する三隅保育園の園児
三隅中学校の生徒と明倫小学校の児童も、三隅総合運動公園に避難
避難後は整列して、人数を確認
避難人数を本部へ報告
三隅中学校の生徒は、練習用の水消火器を使った初期消火訓練に挑戦

 11月22日(水曜日)、三隅の上地区・中地区・下地区で、それぞれ防災避難訓練が行われました。

 今回は、午前9時45分に日本海沖を震源とするマグニチュード6.2の地震が発生し、三隅で震度5弱を観測。9時48分には津波警報が発表され、避難指示が発令された想定で行われました。中地区では、三隅保育園・明倫小学校・三隅中学校をはじめ、地域住民を合わせた約440人が、三隅総合運動公園に避難しました。

 10時06分に避難が完了したことを受け、消防本部中央消防署からは「今日は中学校を中心に見ましたが、皆さんは話すことなく、先生の指示に従って避難することができました。今日の訓練で学んだことを、これからも心掛けてください」と講評があり、最後に中学生6人が、練習用の水消火器を使った初期消火訓練に挑戦しました。

 この日、上地区では宗頭幼稚園が、下地区では浅田小学校が避難訓練を行い、避難経路を確認したり、避難時の注意点を学んだとのことです。