ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 地産の食材でおいしい朝を

地産の食材でおいしい朝を

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2017年10月13日更新
二次審査に進んだ20作品を審査員が試食

二次審査に進んだ20作品を審査員が試食
調理は長門市食生活改善推進協議会が担当
地産の食材を使った「野菜たっぷり朝ごはんレシピ」が今回のテーマ
おいしさや調理の手軽さ、地産食材の良さが生かされているかなどを審査
小・中学校各5作品の入賞が決定した

 10月13日(金曜日)、保健センターで「第1回ながとお料理コンクール」の審査会が行われました。

 食育の一環として、質の良い朝食の普及を図ろうと企画された今回のコンクールでは、長門市産の食材を使った「野菜たっぷり朝ごはんレシピ」をテーマに、市内の小中学生からレシピを募集。応募のあった73作品のうち、書類審査を終えて二次審査に進んだ20作品が、この日実際に調理され、審査にかけられました。

 長門市食生活改善推進協議会の協力で完成した料理は、市内の学校の栄養士や、健康増進や学校教育に関わる市・県の職員など5人の審査員の前に並べられ、それぞれ試食をしながら審査が進められました。おいしさや調理の手軽さ、地産食材の良さが生かされているかなど5項目で点数をつけ、小・中学校各5作品が入賞作品として決定されました。

 審査員からは「審査では、調理のアイデアに驚かされる作品もありました。このコンクールをきっかけに、児童・生徒に朝食や長門市の食材に目を向けてもらえたことを嬉しく思います」といった感想が聞かれました。

 なお、入賞レシピ(主な材料)・入賞者は下記のとおりです。レシピは今後、10月28日(土曜日)にながと総合体育館で開催される「長門市健康づくりのつどい」や、市公式サイトなどで公開されるとのことです。

≪小学生の部≫

  • 元気もりもりで賞
    「一日元気もりもりスープ(白オクラ・トマト・なす)」 大下宗矩(明倫小学校6年)
  • カラフルで賞
    「パパット簡単カラフル野菜いため(パプリカ・キャベツ・もやし)」 辻野真那瞳(明倫小学校6年)
  • ながと山海いっぱいで賞
    「ネバっちょるる(仙崎イカ・田屋なす・白オクラ)」 名和田澪(明倫小学校6年)
  • ザ・ながとっ子賞
    「長門の野菜いため(かまぼこ・レタス・にんじん)」 垣内ひより(明倫小学校6年)
  • 田屋ナ(イ)ス賞
    「田屋なすのピザ(田屋なす・ピーマン・チーズ)」 今津紗音(油谷小学校6年)

≪中学生の部≫

  • 朝にぴったりで賞
    「たっぷり白オクラのピザ風トースト(パン・白オクラ・チーズ)」 高木舞香(日置中学校3年)
  • 野菜たっぷりで賞
    「野菜たっぷりオープンオムレツ(卵・白オクラ・ミニトマト)」 今津彩音(菱海中学校1年)
  • アイデア賞
    「フライパンを使わないチャーハン(ご飯・卵・ちりめんじゃこ)」 長尾朋果(菱海中学校1年)
  • バランスよく鶏○(とれます)賞
    「よーいネバー丼(長州どり・白オクラ・ごま)」 嶋田芽依(菱海中学校2年)
  • アレンジできるで賞
    「自家製じゃがいものジャーマンポテト(じゃがいも・ベーコン・チーズ)」 藤本真依花(菱海中学校3年)