ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 科学に触れて楽しむ

科学に触れて楽しむ

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2017年9月30日更新
さまざまな科学実験や工作体験などを楽しんだ

さまざまな科学実験や工作体験などを楽しんだ
長門市小・中学校科学作品展覧会も同時開催
人が乗って運転できる電車に多くの行列
木を使った工作など木育関連の体験も人気
三菱電機株式会社が提供したモーターの振動で動く工作物でレースを楽しむ

 科学の魅力や面白さを体験することで子どもたちの科学への親しみや夢を育むことを目的に、9月30日(土曜日)、「長門サイエンスフェスティバル2017」がルネッサながとで開かれ、多くの子どもたちが実験や工作を楽しみました。

 これは長門市サイエンスフェスティバル実行委員会が主催したもので小中学校、高校、大学、企業、地域団体が連携して実施されており、それぞれが提供する29のブースで誰もが科学に親しめるような体験が提供されました。

 会場では各ブースで様々な実験や工作などの体験が可能で、子どもたちはラメを混ぜ合わせたスライムづくりや指の上でくるくる回るハンドスピナーづくり、木のおもちゃやアクセサリーづくりなど、興味のあるブースで様々な体験をしていました。三菱電機株式会社のブースではモーターの振動で動く動物づくりの体験があり、おもりのついたモーターをブラシに取り付け、振動で動く動物を作ってレースを楽しむなど科学に触れる体験を子どもたちは楽しんだようです。