ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 山口県消防操法大会出場部隊を激励

山口県消防操法大会出場部隊を激励

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2017年9月12日更新
9月16日(土曜日)に開催される「第64回山口県消防操法大会」に長門市から2部隊が参加

9月16日(土曜日)に開催される「第64回山口県消防操法大会」に長門市から2部隊が参加
長門市渋木の旧大畑小学校グラウンドで日夜練習に励んでいる
「長門市消防ここにありという姿を見せてほしい」と大西市長
応急操法(小型ポンプ)の部に出場する長門市消防団深川南分団第1部隊の団員
応急操法(小型ポンプ)の部に出場する長門市消防団宇津賀分団角山部隊の団員

 9月12日(火曜日)、旧大畑小学校グラウンドで「第64回山口県消防操法大会」に出場する団員に対する激励会が開催され、大西市長や流田消防団長、出場部隊団員ら約70人が参加しました。

 同大会には長門市から深川南分団第1部隊と宇津賀分団角山部隊の2部隊が応急操法(小型ポンプ)の部に出場します。激励会では市長や消防団長らが見つめる中、応急操法の練習を行い、きびきびした動きを見せて本番への調整具合を披露しました。

 練習後、大西市長が「8月からの練習は天候不順もあり大変だったと思うが、16日まで最後の調整をして長門市消防ここにありという姿を見せてきてほしい」と激励の言葉を述べ、続いて流田消防団長が「呼吸を合わせて確実なプレーに取り組み、ミスのないように」と激励しました。

 「第64回山口県消防操法大会」は9月16日(土曜日)に、山口県消防学校において開催される予定です。