ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 向陽小学校が自転車全国大会で快挙

向陽小学校が自転車全国大会で快挙

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2017年8月24日更新
(左から)入野さん、松谷さん、大西市長、金子さん、森田さん、砂川さん

(左から)入野さん、松谷さん、大西市長、金子さん、森田さん、砂川さん
結果を報告するキャプテンの入野さん
「悔しさをばねに、努力を積み重ねてきた結果だと思います。おめでとうございます」と大西市長
個人優勝を果たした松谷さんは、188人の出場者の中で唯一満点の成績を残した
「実技ではみんな調子が良く、上位にいけるかなと感じていた」と大会を振り返る

 8月9日(水曜日)に東京ビッグサイトで開催された「第52回交通安全子供自転車全国大会」において、山口県代表として出場した向陽小学校が団体で3位入賞、同校6年の松谷藍里さんが個人優勝を果たし、24日(木曜日)、市役所を訪れ大西市長へ報告を行いました。

 自転車の安全走行の知識や技術を競う同大会には、同校6年の入野朋香さん、松谷藍里さん、金子遥香さん、同校5年の森田純さん、砂川諒輔さんの5人が出場。うち4人の「学科テスト」「技能走行テスト」の点数の合計で順位が決定し、これまで同校で最高だった平成26年の7位入賞を上回る、全国3位の結果を残しました。また、47都道府県合計188人の出場者の中で、松谷さんは唯一満点の成績を残したことで、個人1位となりました。

 報告を受けた大西市長は「平成23年から27年まで続けた連続出場は、昨年一度途切れましたが、今大会の素晴らしい成績は、その悔しさをばねに練習を積み重ねてきた結果だと思います。おめでとうございます」とお祝いの言葉を送りました。

 大会を振り返り、キャプテンの入野さんは「実技ではみんな調子が良かったので、上位にいけるかなと感じていた。これからも後輩たちには、練習どおり、平常心で競技することを意識して頑張ってほしい」と、松谷さんは「個人優勝は、いつもどおり緊張せずにできた結果。とてもうれしいです」と話しました。