ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 走り幅跳びで全国の舞台へ

走り幅跳びで全国の舞台へ

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2017年8月9日更新
全国大会への出場を決めた鴨川さん

全国大会への出場を決めた鴨川さん
激励費とTシャツが手渡される
「練習の成果を発揮して素晴らしいパフォーマンスを」と大西市長

 8月9日(水曜日)、長門市役所で、「第33回日清カップ全国小学生陸上競技交流大会」に出場する選手の激励会が行われました。

 同大会は、8月19日(土曜日)に神奈川県の「日産スタジアム」で開催され、7月に山口県代表選考会で1位の記録を出した仙崎小学校6年生の鴨川洸登さんが小学生男子走り幅跳びの部に出場します。激励会では、大西市長が「練習の成果を発揮して素晴らしいパフォーマンスを」と選手を激励しました。

 激励会を終えて、鴨川さんは「助走をより早く、跳躍をより高くして、目標の5m50cmを飛びたい」と意気込みを語りました。